Chesapeake(チェサピーク)Series

 
146881-1.jpeg

Choptank

地元メリーランド州チェサピーク湾に流れ込む河川名から名づけられたシングルカッタウェイのモデル。トラディショナルなスタイルのギターをデザイン的なルーツとしながら、セットネック・ジョイントを採用、さらに様々なアレンジ・改良が施された革新モデルです。
ネックは、Severnと同様にナット幅1-5/8(約41.3mm)に設定、スケールは25-1/2インチスケールで、指板ラディアスは8-1/2インチ(約216mm)となっています。エレクトリック・ギターの伝統的な仕様を採用しながらも音域は22フレットを確保。フレットは演奏に優れたTall-Thinを採用するなど、ヴィンテージ・ギターと現代のエレクトリック・ギターの中心に位置する特徴を備えています。
ネック・グリップは“52”と名づけられた独自のシェイプを採用。ジョー・ナッグスのヴィンテージ・ギターへの愛情から、その年式のフェンダーネックを参考に、やや厚みを抑えながら、ラウンドとトライアングルの間となるシェイプのグリップとなります。